定期的な保険の見直しは大切です

対策の説明

節税対策としての保険利用についてご説明します。

良く節税対策として、保険を活用するということを耳にすることは無いでしょうか。最初に申し上げておきますが、これは利益をしっかりと出している会社に適用できるものであり、あまり業績の芳しくない会社は利用するものではありません。 保険の仕組みとしては、例えば〇〇株式会社の今期業績が非常に良く、大幅な利益を得ることが出来るため、何とか合法的な節税が出来ないかと考えたとします。このような場合、代表取締役社長の生命保険等に加入し、月毎もしくは一括で一年分の掛け金を保険会社に支払います。社長の生命保険は、会社にもしものことがあった場合にも非常に有利である為、その掛け金も非常に高くなりますが、この掛け金は経費として認められることから、節税対策に繋がるのです。

節税対策としての保険利用についてメリットをご説明します。

保険を利用した節税対策は、前述のような流れとなります。その他、メリットとしては数年間をかけて、節税対策に有効であることが挙げられます。例えば、業績がかなりいい場合は、更に保険掛け金を割増しするなどして、経費としての計上額が多くし、税金支払い額を減額することも可能です。 また、仮にですが業績が悪化し、どうしても赤字が発生してしまうと言う場合には、その契約の範囲内によって保険を解約することも一つの方法です。解約金を特別利益等の勘定科目で決算書上に記載することで、赤字計上を避けることが出来るため、各取引先や金融機関等からの信頼を損なうこともありません。 これはあくまでも一般的な例ですので、詳しい内容は専門家やお取引されている保険会社の方に確認して頂くことをお薦めします。